階層別研修の種類

階層別研修のさまざまな種類

企業で働く人材を育成するための研修として代表的なものに階層別研修があります。これは企業内で働いているさまざまな階層の人を対象として行われるものです。特定の階層の人を対象にしているため、よりきめ細やかな人材育成が可能です。階層別研修の中でも特に多くの企業で重視されているのが新入社員を対象とした研修です。これは、これから企業で働くビジネスパーソンとして知っておかなければいけない基本的なことを教えるための研修です。ビジネスの世界において欠かせないマナーや新入社員の仕事の取り組み方などについて研修を通して教えています。同じように若い世代の社員を対象にして行われるのが若年層の社員向け研修で、入社してから数年勤務している社員を対象に行われます。

指導者や管理者を育成するための研修

階層別研修では、中堅社員を対象にした研修もあります。中堅社員は若手社員とベテラン社員の中間に位置し、両者の橋渡しをする役割も期待されていますが、そうした中堅社員に必要な能力の研修を行っています。階層別研修としては、そのほかに組織内で指導的立場にある人を指導するための研修もあります。企業においては特定のグループごとにリーダーを定めて集団で活動することも多いですが、そうしたリーダーとして働く社員に必要な知識やノウハウを、こうした研修で行っています。さらに、上位の社員を育成するための研修としては、管理職を対象としたものもあります。これは人材の管理を主な仕事とする役職の社員を対象に行うもので、人材管理ための能力を育成しています。

接客業ではお客様と世間話をすることがあるため、販売の研修では時事問題や年中行事を理解することの重要性を学ばせることが推奨されています。