階層別研修の特徴

対象者の範囲を決める

会社の売上や利益を安定させたり、伸ばしたりすることは重要ですが、社員を育てることにも力を入れましょう。短期間で一流の人材に育てられるわけではないので、日々の業務だったり、人材育成研修だったりなどによって少しずつ成長させるのがポイントです。人材育成研修を実施する時は階層別研修をおすすめします。階層別研修は対象者の範囲を決めて参加してもらうのが特徴です。人材育成研修自体は全社員を対象にするのは正しいものの、同じ内容にするよりは勤続年数や役職といった階層別で対象者を決める方が、現在やこれからの業務に活きる知識や技術を習得できます。ですから、全社員が対象の研修と階層別の研修を組み合わせることが大事です。

階層別研修はじっくりと人材を育てられる

階層別研修を実施する場合、新人や入社して3年くらいまでの若手社員については、基礎を学べる内容の研修にしましょう。急いで応用の知識や技術を身に付けさせるよりは、じっくりと基礎から覚えてもらう方が中途半端ではなく、一流の人材へ育てることができます。特に、最初が肝心なので新人には徹底的に基礎を勉強してもらい、習得するように努めるべきです。中堅やベテランの社員については、管理のノウハウを学べる内容の階層別研修を実施しましょう。部下の能力を把握して担当する業務を決めたり、複数人に振り分けたりなど、中堅やベテランの社員は管理する力が求められます。このように、適切な階層別研修を実施できれば、丁寧に人材を育てられます。

接客業に携わっていると、販売員も顔負けの専門知識を持ったお客様と出会うことがあります。そのため接客マナーの研修では、そのようなお客様の優越感をくすぐるスキルを学ばせることが推奨されています。