階層別研修の作り方

会社にとっての宝人材!

会社の宝は人材。人材とは、そう社員です。しかし、その業界の経験が豊富な社員が集まれば必ず会社も繁栄するという単純なものではありません。いろいろな年齢、経験をもった社員が自分の得意分野で活躍してこそ会社は繁栄するのです。多くの会社が人材採用に力を入れるのには理由があります。一つ目に、会社の将来、跡継ぎのためです。二つ目は、さまざまな視点を得るためです。新卒・中途採用の良さは、今の若い人の視点、また他業種経験者の視点も得ることが出来ることにあります。しかしながら、中途採用の人は社会人のマナーをある程度身に着けている場合が多く、新卒採用の人とそこは違うでしょう。実は、採用同様に会社が大切にすべきことがあります。それは、人材育成です。会社が向上していくためには、社員が絶え間なく成長していくことが不可欠です。

その人にあった研修を!

会社は、いろんな世代、経験を持つ人の集まりです。そこに、前述の新卒・中途採用が加わります。経験も年齢も違う社員に同じ研修をしては、効果を見込めません。研修にも、社員同様多様性が求められます。例えば社員の経験値、年齢によって階層を分け、その社員のレベルにあった研修。研修内容が習得できたら、また上の研修を受けるといった階級別研修制度を作るのです。研修のレベルが上がっていくと、もっと学びたいとモチベーションが上がるでしょう。同じ経験値の社員と悩みを共有したり、競ったりできるメリットもあります。 経験豊富な社員には、現状に胡坐をかくことなく研修を重ねられるシステムがあるといいでしょう。更に、豊富な経験を経験が不足している若い社員に伝えることも大切なので、若い社員に指導するための研修も入れていくことが必要かもしれません。階級別研修で、その人にあった研修を施し、会社のさらなる発展につながることでしょう。

接客のセミナーでは、サービス業界で使われている接遇用語を初期段階で教える傾向があります。接遇用語の根底には、お客様に対する配慮と気遣いがあるからです。