階層別研修

企業で「人材育成研修」を計画実施する場合、最初は階層別研修で考えると着手しやすいです。そこで、階層別研修の種類や特徴、階層別研修の作り方をお伝えします。「人材育成研修」を階層別で行なう際のヒントにしてください。

階層別研修の種類

企業で働く人材を育成するための研修として代表的なものに階層別研修があります。これは企業内で働いているさまざまな階層の人を対象として行われるものです。特定の階層の人を対象にしているため、よりきめ細や…

階層別研修の特徴

会社の売上や利益を安定させたり、伸ばしたりすることは重要ですが、社員を育てることにも力を入れましょう。短期間で一流の人材に育てられるわけではないので、日々の業務だったり、人材育成研修だったりなどに…

階層別研修の作り方

会社の宝は人材。人材とは、そう社員です。しかし、その業界の経験が豊富な社員が集まれば必ず会社も繁栄するという単純なものではありません。いろいろな年齢、経験をもった社員が自分の得意分野で活躍してこそ…

目的別研修

企業で「人材育成研修」を計画実施する場合、階層別研修の次は目的別研修を考えると進めていけます。そこで、目的別研修の種類や特徴、目的別研修の作り方をお伝えします。「人材育成研修」を目的別に行なう際のヒントとしてお役立てください。

目的別研修の種類

目的別研修の特徴

目的別研修の作り方

成果が上がる研修はココが違う!

多くの企業が取り入れている人材育成研修ですが、期待通りの成果を上げるには、目的や対象者をしぼって行うことが大切です。主な目的としてはコンプライアンス意識の浸透や向上をはじめ、新たな商品やサービスの内容把握、コミュニケーション能力や営業スキルの向上などがあります。このほか新入社員向け、中堅社員向け、管理職向けなどキャリアや立場に応じた研修も行われています。講習の目的と対象者を定めたら、なるべく早い時期に講習の狙いや期待できる効果などを記した資料などを作成し、周知を図ることが必要です。そうすることで参加者の動機付け、モチベーションアップにつながり、研修にありがちな「やらされている感」を減らすことができます。

講師選びも重要な要素

目的や対象を絞り込んだら、次は講師の人選です。講師は社内講師または外部講師に大別されますが、それぞれ特徴やメリット、デメリットがあります。社内講師のメリットは、研修スケジュールや研修内容の変更などに柔軟に対応できるなど、社内の実情に合わせた指導が期待できるほか、経費の削減にもつながります。一方、講師が受講者の上司である場合には、本音で話しにくい、新鮮味がなく緊張感に欠けるなどのデメリットがあります。外部講師の場合のメリットは、社内講師では得られない外部の視点から話を聞くことができる、新鮮味や緊張感があることなどが挙げられます。デメリットとしては経費がかかることに加え、目的に合致しない内容になる場合もありますので、慎重な人選が重要です。

新ビジネスへの足がかりに!人材育成のセミナーへの熱視線の理由

人材育成のセミナーが注目されるのは、新たなビジネスの成功への期待の大きさにも起因しているからといえるでしょう。